解決事例

当事務所による解決事例

離婚事件

浮気をした上,多額の借金を負っている夫と「離婚」をしたいが,夫が家出をして連絡が取れない,という方からのご相談。
【 依頼主 】
30代 女性(千葉県浦安市在住)
【 相談前 】
夫は,浮気をした上,会社のお金を横領した後に実家に帰ってしまい,生活費も支払ってくれませんでした。

また,夫の家族が電話を取り次がないため,「離婚話」を切り出すことさえもできない状態でした。

ご相談者は,就学前のお子様を抱え,引越しや就職活動等をされていたことから,一刻も早い,①「離婚」,②「養育費の支払い」,③「慰謝料の支払い」をご希望されていました。
【 相談後 】
受任後,直ちに,「離婚調停」の申立てを行いました。

しかし,夫が,②「養育費の支払い」及び③「慰謝料の支払い」を頑なに拒んだため,「離婚調停」をこのまま継続しても合意は難しいと判断し,「離婚調停」を打ち切りました。

その後,直ちに,「離婚訴訟」を提起したところ,訴訟提起から約4か月という短期間で,①「離婚」,②「養育費の支払い」,③「慰謝料の支払い」について「訴訟上の和解」が成立しました。
【 弁護士からのコメント 】
ご相談者の利益を「スピーディー」かつ「確実」に確保するべく,「離婚調停」を打ち切り,「離婚訴訟」という手段に切り替えました。

「ご相談」→「離婚調停」→「離婚訴訟」と移行して行く間,ご相談者への「迅速」で「丁寧」なご報告と「気軽にご相談いただける関係作り」を心掛けたことにより,ご相談者と弁護士との間に強固な「信頼関係」が生まれ,そのことが,ご相談者のご希望に即した結果に繋がったのだと思います。

また,和解成立後の「年金分割」や「お子様の転籍」等の手続についても,お手伝いさせていただいております。

相続事件

養父の財産を全く相続していなかった方からのご相談。
ご相談者のご希望通り,①妻との「離婚」,②本来相続できたはずの「財産の取戻し」,③養母との「協議離縁」,④養父との「死後離縁」をスピーディーに実現。
【 依頼主 】
40代 男性(東京都江東区在住)
【 相談前 】
「ご相談者」は,妻と結婚するのと同時に,妻の両親と養子縁組を行ないました。

しかし,結婚20年後,「ご相談者」が単身赴任中に,妻が失踪してしまいました。

また,養子である「ご相談者」には養父の財産を相続する権利があるにもかかわらず,養父が亡くなった際に,養父の財産を全く相続していませんでした。

困り果てたご相談者は,①妻との「離婚」,②本来相続できたはずの「財産の取戻し」,③養母との「協議機縁」,④養父との「死後離縁」を希望され,当事務所に相談にいらっしゃいました。
【 相談後 】
まず,失踪中の妻に対して「離婚訴訟」を提起し,「原告と被告とを離婚する。」との請求認容判決を得て,①妻との「離婚」を実現しました。

次に,養母に対して「不当利得返還請求訴訟」を提起し,「訴訟上の和解」をすることによって,②本来相続できたはずの「財産の取戻し」,③養母との「協議離縁」を実現しました。

さらに,家庭裁判所に「死後離縁許可審判」を申し立てることによって,④養父との死後離縁を実現しました。
【 弁護士からのコメント 】
遺産相続問題は,本来親しいはずの親族間の問題であるが故に,一旦こじれてしまうと泥沼にはまり込み,解決不能状態に陥ってしまう場合が多々あります。

しかし,ご相談の中には,あらかじめ弁護士が間に入っていれば未然に防げた事件も少なくありません。

紛争を未然に防ぐことができれば,紛争が起こってから解決するよりも遥かに高い効果を上げることができますので,お気軽にご相談ください。

労働事件

不当な「解雇」に基づく紛争をスピーディーに解決。
【 依頼主 】
20代 男性(千葉県市川市在住)
【 相談前 】
勤務中に負った怪我で休職中,会社側から一方的に「解雇」を言い渡され,途方に暮れていた方からのご相談。
【 相談後 】
「ご相談者」と入念な打合せをした上で,ご依頼いただいてから約2週間後に「労働審判」(「労働訴訟」よりも簡易・迅速な手続)を申し立て,「解雇」の違法性を主張しました。

「労働審判」を申し立てたことにより,最初のご相談から約2か月という短期間で,「解雇」の違法性を会社側に認めさせ,給料の約3か月分の「解決金」を支払うとの条件で和解が成立しました。
【 弁護士からのコメント 】
会社側から一方的に「解雇」を言い渡された場合でも,法的手段に訴えることにより,「解雇」の違法性が認められる可能性がありますので,たとえこのような状況に陥ってしまったとしても,泣き寝入りする必要は全くございません。

「労働審判」という簡易・迅速な手続を活用すれば短期間で解決することが可能ですので,まずは弁護士にご相談ください。

借金問題

「ヤミ金業者」からの執拗な取立てや嫌がらせを阻止。
【 依頼主 】
30代 男性(東京都江戸川区在住)
【 相談前 】
「ヤミ金業者」からの執拗な取立てにより,「ご相談者」の日常生活に支障が生じていました。
【 相談後 】
ご依頼いただいた当日に,「ヤミ金業者」が振込先に指定していた金融機関口座を全て凍結しました。

また,全ての「ヤミ金業者」に電話を掛け,「ご相談者」への取立てを止めるよう警告を行いました。

加えて,地元の警察に連絡し,「ヤミ金業者」に対して警告をしていただきました。

それでも止まない執拗な取立てや嫌がらせに対しては,その都度,直ちに,「ヤミ金業者」に警告すると同時に,「ご相談者」が嫌がらせ等に怯えて支払いをしないよう,励まし続けました。

その結果,「ヤミ金業者」からの執拗な取立てや嫌がらせが止み,凍結した口座に残っていた金銭がご相談者に分配されました。
【 弁護士からのコメント 】
お金を借りてしまったとしても,借りた相手が「ヤミ金業者」の場合には,元金も含め,返済する必要は一切ございません。

万が一,「ヤミ金業者」からお金を借りてしまった場合には,お早めにご相談ください。

交通事故

「慰謝料」の額を約2倍に増額。
【 依頼主 】
30代 男性(千葉県浦安市在住)
【 相談前 】
交通事故で怪我を負った方からのご相談。

加害者側は,「慰謝料として80万円以上は支払えない。」と主張して譲らず,ご相談者の希望されていた「慰謝料」の額との間に大きな隔たりがありました。
【 相談後 】
ご相談者と入念な打合せを行い,直ちに,加害者に対して「受任通知」を発送し,「示談交渉」を開始しました。

週1回のペースで加害者側と「示談交渉」を継続的に行ったことにより,ご依頼いただいてから約1か月間という短期間で,加害者側が150万円の慰謝料を支払うという条件(加害者側が主張していた「慰謝料」額の約2倍)で「示談契約」が成立しました。
【 弁護士からのコメント 】
交通事故の場合,加害者側は「慰謝料」の額をできるだけ安く低く抑えようとするのが通常ですので,被害者ご本人が「示談交渉」を要求しても,加害者側が「示談交渉」に応じない場合や,応じたとしても,被害者側が希望する「慰謝料」の額に到底及ばない場合があります。

弁護士は,「示談交渉に応じなければ,法的手段に訴える。」等の圧力を加えることにより,加害者側を「示談交渉」のテーブルにつかせることが可能です。

また,弁護士は,「損害保険会社等が使用する損害賠償額算定基準」より被害者側に有利な「裁判所や弁護士会が使用する損害賠償額算定基準」に基づいて「示談交渉」を行いますので,被害者ご本人が「示談交渉」を行う場合よりも,多額の「慰謝料」の支払いを認めさせることができる場合がほとんどです。

万が一,交通事故の被害に遭われた場合には,お早めにご相談ください。

刑事事件

振込め詐欺のお金を受け取りに行った被疑者が,多額の詐欺罪の共同正犯として身体拘束されてしまった事案。
【 依頼主 】
20代 男性(東京都江東区在住)
【 相談前 】
被疑者は,パチンコ屋で知り合った者から小遣い程度の金額を渡されて,何も知らずに指示された場所にお金を受け取りに行っただけなのに,何千万円もの詐欺罪の共同共犯にされてしまうところでした。
【 相談後 】
被疑者は詳しい事情を何も聞かされていなかったにもかかわらず,捜査機関は,主犯格であるかのごとく決めつけて,連日のように過酷な取調べを行い,自白するよう執拗に誘導し続けました。

弁護士が毎日のように接見に行き,「何も知らないのであれば,知らないと言い続けるしかない。」「自分が言っていないことが書かれた調書には,絶対に署名してはいけない。」と,勇気づけ続けた結果,勾留期間満了で無事釈放されました。
【 弁護士からのコメント 】
捜査機関の取調べは極めて過酷で厳しいので,弁護士がこまめに接見に行かないと,犯してもいない犯罪を認めさせられてしまいます。

ご依頼者からは,「先生に勇気づけていただいたおかげで,堂々とNOと言うことができました。」と感謝の声をいただきました。