東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『インフルエンザ警報(市川市)』

2015-01-14 | 弁護士ブログ, 日常 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士の西島克也です。

 

 

 

今回は,千葉県で発令された『インフルエンザ警報(市川市)』のご案内です。

 

千葉県は,2015年1月6日(火)にインフルエンザ警報を発令しました。

 

これは,千葉県で実施している感染症発生動向調査において,2014年第52週(12月22日~12月28日)の定点当たり患者報告数が,第51週の20.29から更に増加し33.24となり,国の定める警報基準値(30)を超えたことによるものです。

 

千葉県全体の2014年第52週年齢別割合は,5歳~9歳が25.8%,10歳~14歳が22.9%,0歳~4歳が12.3%と多くなっております。

 

市川市でも患者数が増加しており,市川保健所管内の2014年第52週の定点報告数は,31.86となっています。

 

千葉県ではインフルエンザの予防対策をさらに徹底するよう注意を呼びかけています。

 

インフルエンザは,突然の高熱(38度以上),頭痛,全身の筋肉痛や関節痛に加え,せき,咽頭痛など普通のかぜよりも全身症状が強く出るのが特徴です。

 

また,気管支炎や肺炎,小児では中耳炎,熱性けいれん,脳症などを併発し重症化することもあるため,高齢者や小児の方は特に注意が必要です。

 

栄養を十分取るなどの体調管理を十分に行うとともに,流行時は人ごみを避け,外出時にはマスクを着用し,手洗い,うがいの励行,また加湿器を使って乾燥を防ぐなど,予防対策の徹底をお願いいたします。

 

 

 

ブログ写真(市川市②)

 

 

 

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)の 「東京湾岸法律事務所」

代表弁護士 西島克也

http://tokyowangan-law.com/

 

 

» «