東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『製品事故被害者は救済されているか?~製造物責任法施行20年の歩みと課題~(シンポジウム)』

2015-12-15 | 弁護士ブログ, 法律情報 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士の西島克也です。

 

 

 

本日は,私が所属しております日本弁護士連合会(以下「日弁連」という。)が主催するシンポジウム『製品事故被害者は救済されているか?~製造物責任法施行20年の歩みと課題~』のご案内です。

 

製造物責任法(PL法)は,施行から20年を迎えました。

 

製品事故に欠陥を責任原因とする制度が,判例としても定着されつつあります。

 

しかし,日弁連が求めていた推定規定や証拠開示などの措置はとられず,被害救済の現場では重い立証上の負担が続いています。

 

また,立法時に十分議論されなかった問題も出てきております。

 

今後のPL訴訟実務の発展に向け,PL法をめぐる20年の歩みを総括し,問題点・課題を浮かび上がらせるべく,本シンポジウムを開催いたします。

 

奮ってご参加ください。

 

 

 

【日時】

2015年12月22日(火)17:30~20:00

 

 

 

【場所】

弁護士会館17階1701会議室

東京都千代田区霞ヶ関1-1-3

 

 

 

【対象】

どなたでも参加いただけます。

 

 

 

【定員】

120名(先着順)

 

 

 

【参加費】

無料

 

 

 

【申込方法】

事前申込不要(直接会場にお越しください。)

 

 

 

【お問い合わせ先】

日本弁護士連合会 人権第二課

TEL:03-3580-9910

FAX:03-3580-2896

 

 

 

ブログ写真②

 

 

 

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)の 「東京湾岸法律事務所」

代表弁護士 西島克也

http://tokyowangan-law.com/

 

 

» «