東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『精神障がい者の医療と福祉はだれのものか~措置入院の制度改革について考える~(シンポジウム)』

2017-03-06 | 弁護士ブログ, 日常 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士の西島克也です。

 

 

 

本日は,私が所属しております日本弁護士連合会が主催するシンポジウム『精神障がい者の医療と福祉はだれのものか~措置入院の制度改革について考える~』のご案内です。

 

2016年7月26日,神奈川県相模原市にある障害者支援施設「津久井やまゆり園」で元職員による入所者殺傷事件が起き,措置入院制度の改革が進められようとしています。

 

そこで,今回のような事件を防止するために必要なのは,措置入院制度の改革なのか,精神医療はどうあるべきか,精神障がいのある人にとって必要な支援とは何かについて,市民のみなさんとともに考える機会とするため,本シンポジウムを開催いたします。

 

奮ってご参加ください。

 

 

 

【日時】

2017年3月6日(月)18:00~21:00

 

 

 

【場所】

日比谷コンベンションホール(大ホール)

東京都千代田区日比谷公園1-4

 

 

 

【参加費】

無料

 

 

 

【申込方法】

事前申込不要(直接会場にお越しください。)

 

 

 

【お問い合わせ先】

日本弁護士連合会 人権部 人権第一課

TEL:03-3580-9984

FAX:03-3580-2896

 

 

 

 

 

 

離婚,慰謝料,交通事故に強い「東京湾岸法律事務所」

代表弁護士 西島克也

http://tokyowangan-law.com/

 

 

» «