東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『神猿おちか(市川市)』

2016-03-08 | 弁護士ブログ, 日常 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士の西島克也です。

 

 

 

本日は,千葉県市川市に祀られている『神猿おちか』のご案内です。

 

妙典は清寿寺にある『神猿おちか(市川市)』をご存知でしょうか。

 

昔,狩人がみごもった母ザルを撃ち殺してしまったところ,サルのたたりか,それ以降三代にわたって耳の聞こえない子どもが生まれました。

 

そこで,親子七体のサルの姿を彫り供養したところ,たたりはなくなり,以後は耳の病気を治す神猿として清寿寺に祀られるようになったそうです。

 

そのほか,庚申塔(「庚申」は十干の庚と十二支の申のことです)に彫られた猿,三猿の像などがあちこちにあるので,地域に伝わる民話をひもときながら訪ね歩くのも楽しそうです。

 

詳しくは行徳図書館で,サルをテーマに特集展示をしています。

 

サルにちなんだ本を約180冊ほど紹介しているほか,上記のサルゆかりのスポット,そして動植物園のサルたちを写真と解説で紹介していますので,干支にちなんで立ち寄ってみてはいかがでしょう。

 

 

 

【お問い合わせ先】

市川市教育委員会 生涯学習部 中央図書館

TEL:047-320-3346

 

 

 

ブログ写真(市川市)

 

 

 

離婚,慰謝料,交通事故に強い「東京湾岸法律事務所」

代表弁護士 西島克也

http://tokyowangan-law.com/

 

 

» «