東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『戦後を支えてきたものは?憲法施行70年目の立憲主義~何を守り何をめざすのか~(シンポジウム)』

2017-05-26 | 弁護士ブログ, 法律情報 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士の西島克也です。

 

 

 

本日は,私が所属しております日本弁護士連合会が主催するシンポジウム『戦後を支えてきたものは?憲法施行70年目の立憲主義~何を守り何をめざすのか~』のご案内です。

 

立憲主義の危機が叫ばれる中,私たちは憲法施行70年を迎えました。

 

日本国憲法がその基板とする理念「立憲主義」とは,何を守るものなのでしょうか。

 

その歴史的意義・背景,目的,中核とされる「個人の尊重」概念と「法の支配」,民主主義・平和主義との関係などを考察し,なぜ立憲主義は重要なのかを探求します。

 

日本の戦後を支えてきた憲法が,何を守り何をめざしてきたのか,いまどのような危機に直面しているのか,それに対しどのように考え行動すべきか。

 

日本社会の在り方や歴史を紐解きつつ,皆さまと共に考えたいと思います。

 

奮ってご参加ください。

 

 

 

【日時 】

2017年5月27日(土)13;00~17:00

 

 

 

【場所】

弁護士会館2階 講堂「クレオ」

東京都千代田区霞が関1-1-3

 

 

 

【参加費】

無料

 

 

 

【対象】

どなたでもご参加いただけます。

 

 

 

【申込方法】

事前申込不要(直接会場にお越しください。)

 

 

 

【お問い合わせ先】

第二東京弁護士会 人権課

TEL:03-3581-2257

 

 

 

 

 

 

離婚,慰謝料,交通事故に強い「東京湾岸法律事務所
代表弁護士 西島克也

 

 

【アクセス】
・JR京葉線、JR武蔵野線『新浦安駅』から徒歩7分
・東京メトロ東西線『浦安駅』からバス9分『順天堂病院前』で下車

 

 

【ホームページ】
http://tokyowangan-law.com/

 

 

※おひとりで悩まずに,お気軽にご相談ください。
【初回相談無料(30分)】【土日・祝日・夜間対応可】【明朗会計】

 

 

» «