東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『公益通報(内部告発)を社会に活かすために~公益通報者保護法改正に向けて~(シンポジウム)」

2016-12-14 | 弁護士ブログ, 法律情報 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士の西島克也です。

 

 

本日は,私が所属しております日本弁護士連合会が主催するシンポジウム『公益通報(内部告発)を社会に活かすために~公益通報者保護法改正に向けて~』のご案内です。

 

公益通報者保護法の施行から10年が経過しましたが,保護の対象や要件が厳しく,活用されてきたとはいえません。

 

この間に,大手企業の不適切会計や燃費偽装などの不祥事が継続していたことや,豊洲市場の汚染土壌対策をめぐる問題等が次々と明らかになっています。

 

今,改めて,内部からの公益通報の重要性,通報者が安心して通報できる制度への法改正が求められています。

 

消費者庁は昨年,「公益通報制度の実効性向上に関する検討会」を設置し,本年12月にも取りまとめが予定されています。

 

そこで,法改正に向けた課題を議論します。

 

奮ってご参加ください。

 

 

 

【日時】

2016年12月21日(水)18:15~20:00

 

 

 

【場所】

弁護士会館17階1701会議室 →会場地図

東京都千代田区霞が関1-1-3

 

 

 

【参加費】

無料

 

 

 

【対象】

どなたでもご参加いただけます。

 

 

 

【定員】

120名(先着順)

 

 

 

【申込方法】

事前申込不要(直接会場にお越しください。)

 

 

 

【お問い合わせ先】

日本弁護士連合会 人権部 人権第二課

TEL:03-3580-9910

FAX:03-3580-2896

 

 

 

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

 

離婚,慰謝料,交通事故に強い「東京湾岸法律事務所」

代表弁護士 西島克也

http://tokyowangan-law.com/

 

 

» «