東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『チャレンジ・ザ・ドリーム~中学生の夢をカタチに~(江戸川区)』

2014-11-08 | 弁護士ブログ, 日常 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」代表弁護士の西島克也です。

 

 

 

 

今回は,東京都江戸川区が行っている取り組み『チャレンジ・ザ・ドリーム~中学生の夢をカタチに~)』のご紹介です。

 

江戸川区立中学校の2年生全員が5日間にわたって職場体験をする「チャレンジ・ザ・ドリーム」は,今年で10年目を迎えました。

 

14歳の夢と希望への第一歩です。

 

地域の皆さんのご協力をお願い申し上げます。

 

 

【チャレンジ・ザ・ドリーム3つのねらい】

1 仕事を通して地域の方々とふれあうことで,コミュニケーション能力や社会性,思いやりの心を育てること。

 

2 さまざまな生き方に直接ふれることで,自分の将来を真剣に考え,進路を選択・決定する力を身に付けること。

 

3 仕事をやり遂げた自信や充実感など,学校では学べない貴重な体験をすること。

 

 

【チャレンジ・ザ・ドリームの効果】

○「中学生の声」

・仕事は甘くない。大人は疲れていても,仕事を真剣に取り組んでいて,すごいと思った。

 

・どんなにつらい仕事でも,表情に出さないで相手に接しなければいけないということを学んだ。

 

・「挨拶を必ずする。」という社長の言葉が心に残った。挨拶は人間関係を築くために必要不可欠であり,コミュニケーションで会社が成り立っていることを知った。

 

 

○「保護者の声」

・毎日,「疲れた」と言っていましたが,話を聞くと仕事にやりがいを感じているようで,頑張っている様子が窺えました。

 

・この貴重な体験を通して,社会に貢献することの喜びを知ったと思います。自分の利益だけではなく,他人のことも考えて行動できるような人になって欲しいです。

 

 

○「事業所の声」

・「いつまでに仕上げればいいですか?」など,自ら予定を確認しながら働いてくれました。

 

・最近の中学生は,おとなしい子が多いようですが,積極性があれば,さらに良いと思います。

 

・子どもたちの将来,そして,江戸川区の活性化という観点からも非常に良い企画だと思います。

 

 

【チャレンジ・ザ・ドリーム 協力事業所】

○「協力事業所数」

1676カ所(2014年度)

 

○「参加生徒数」

4万4162人(2005年~2014年度)

 

○「主な体験内容」

・「販売業」:品出し,商品パック詰め,接客

 

・「保育園・幼稚園」:教材準備,遊びの指導補助,読み聞かせ

 

・「製造業」:製品チェックの補助,製品の箱詰め

 

・「農業・飼育」:資機材準備,収穫補助,水やり,餌やり

 

※江戸川区では,中学生を受け入れてくださる事業所を募集しております。

詳しくは,区ホームページをご覧いただくか,お問い合わせください。

http://www.city.edogawa.tokyo.jp/index.html

 

【問い合わせ先】

江戸川区 指導室
TEL:03-5662-1634

 

 

バナー写真(江戸川区)

 

 

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)の 「東京湾岸法律事務所」

代表弁護士 西島克也

http://tokyowangan-law.com/

 

 

 

» «