東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『アメリカにおける低賃金労働の現状と展望』

2015-10-16 | 弁護士ブログ, 日常 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士の西島克也です。

 

 

 

本日は,私が所属しております日本弁護士連合会が主催する講演会『アメリカにおける低賃金労働の現状と展望』のご案内です。

 

日本では,労働法制の規制緩和が進められ,正規雇用から非正規雇用への置き換えが急速に進展しています。

 

非正規雇用労働者は,今や全雇用労働者の4割近くにまで増大,不安定就労・低賃金労働が拡大し,貧困を拡大させる要因となっていますが,アメリカにおいても,規制緩和等により,不安定就労・低賃金労働が拡大しています。

 

1991年からUCLAレイバーセンター(労働研究・労働教育センター)所長を務めるケント・ウォン氏から,アメリカにおける低賃金労働者の権利拡大の歴史,低賃金労働者や移民への支援・取組,労働に関する教育,レイバーセンターの役割や機能について講演いただくことは,日本における課題の解決の方向性を探る上で,貴重な機会になります。

 

奮ってご参加ください。

 

 

 

【日時】

2015年10月30日(金)18:00~20:00

 

 

 

【場所】

弁護士会館17階1701会議室

東京都千代田区霞が関1-1-3

 

 

 

【参加費】

無料

 

 

 

【内容】

基調講演「アメリカにおける低賃金労働の現状と展望」

 

 

 

【申込方法】

事前申込不要(直接会場にお越しください。)

 

 

 

【お問い合わせ先】

日本弁護士連合会 人権部人権第一課

TEL:03-3580-9483

 

 

 

ブログ写真②

 

 

 

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)の 「東京湾岸法律事務所」

代表弁護士 西島克也

http://tokyowangan-law.com/

 

 

» «