東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

「法曹三者のバッジ」 千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)の「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士 西島克也 http://tokyowangan-law.com/

2014-07-21 | 弁護士ブログ, 法律情報 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)の「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士 西島克也です。

 

本日は,いわゆる「法曹三者」と言われている裁判官,検察官,弁護士バッジの意味をご紹介いたします。

 

 

【裁判官】

 

07sakuma2

 

裁判官だけが付けているわけではなく,裁判所職員の方が付けているバッジです。

裁判所職員のバッジは,三種の神器で ある八咫(やた)の鏡をかたちどり,中心に裁判所の「裁」の字を浮かした形です。

鏡が非常に清らかで,はっきりと曇りなく真実を映し出すことから,八咫 (やた)の鏡は,裁判の公正を象徴している言われています。

 

 

【検察官】

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

紅色の旭日に菊の白い花弁と金色の葉があしらってあり,その形が霜と日差しの組合せに似ていることから,厳正な検事の職務とその理想像とが相まって「秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)のバッジ」と呼ばれているようです。

「秋霜烈日」とは,秋におりる霜と夏の厳しい日差しのことで,刑罰や志操の厳しさにたとえられています。

 

 

【弁護士】

 

120080517211315

 

正式名称は「弁護士記章」です。

金色の「ひまわり」の花弁の中央に銀色の「天秤」が彫られています。

「ひまわり」は,正義に輝く象徴で,自由の羽ばたきを連想させ,「天秤」は,公正,平等を意味しており,弁護士バッジは,正義,自由,公正,平等という弁護士のモットーを表しています。

 

 

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)の 「東京湾岸法律事務所」

代表弁護士 西島克也

http://tokyowangan-law.com/

 

 

 

» «