東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『再犯者率』

2014-07-01 | 弁護士ブログ, 法律情報 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 代表弁護士の 西島克也です。

 

 

富山県の調査によりますと,いわゆる「再犯者率(刑法で摘発された総数のうち再犯者の割合)」が,

統計を始めて以来最高となる48・9%に達したそうです。

 

摘発者数は全国的に減少傾向にある一方で,

「再犯者率」増加に歯止めがかかっていない現状が浮き彫りとなりました。

 

「再犯者率」の増加は全国的な傾向で(45・3%),

服役と出所を複数回繰り返す人が全受刑者の6割に迫っております。

 

犯罪の内訳は,

窃盗犯(万引や空き巣など)が57%と最多,

粗暴犯(傷害や脅迫など)が19%,

知能犯(詐欺や横領など)が9%,

脅迫版(強盗や殺人など)が2%と続いるそうです。

 

 

PK2014070102100095_size0

 

 

 

そもそも刑務所は何のためにあるのでしょうか。

 

犯罪を減らそうという視点で見れば,

「再犯率」を下げる,つまり,犯罪者を更生させ,社会復帰させることが最重要課題であることは間違いありません。

 

刑務所で更生プログラムを用意し,犯罪者に「真の更生」をさせない限り,

出所すればまた犯罪を繰り返す者が多い現状に鑑みれば,

「真の更生」という観点から,いま一度,刑務所の在り方,存在意義について考える必要があると思います。

 

 

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)の 「東京湾岸法律事務所」

代表弁護士 西島克也

http://tokyowangan-law.com/

 

 

 

» «