東京湾岸法律事務所の弁護士ブログ

 

『ワインエイド!for East Japan 2014』 

2014-07-16 | 弁護士ブログ, 日常 | 投稿者:

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)「東京湾岸法律事務所」 弁護士秘書の永井です。

 

今回の「ブログ」は法律からはやや離れてしまいますが,

先日私が参加させていただいた「日本ソムリエ協会」主催のイベント,

「ワインエイド!for East Japan 2014」についてです。

 

 

このイベントは,2011年から被災地の復興支援を目的として行われており,今年で4回目を迎えました。

東北の食材と世界のワインのマリアージュ(相性)をテーマに,東北の食材を使った上質な料理と120種類ものワインが楽しめるというものです。

 

 

今回は,東北の生産者代表として,岩手県から「第八開運丸」を操業されているご兄弟がゲストとして参加されました。

ご兄弟のお話からは,復興に向かって様々な新しい取り組みをされながらも,

「昔ながらの漁法を守って,本当に美味しい食材を届けたい。」という熱い思いが伝わってきて,

実際にご兄弟が水揚げしたという「シュウリ貝」の味は格別でした。

この「シュウリ貝」,ムール貝に似た貝なのですが,味が濃く,しっかりとした歯ごたえがある日本固有の貝だそうです。

 

 

そして,120種類ものワインです^^

もちろん全てはいただけませんでしたが,初めて飲むものも多く,うれしい発見がたくさんありました。

その中でも,私がこれからの季節にピッタリ!と感じた2本をご紹介いたします。

1本目は,フランス・シャンパーニュ地方の「タルラン」という生産者の「ゼロ・ブリュット・ナチュール」です。

シンプルですっきりとした辛口で,酸味と果実味,炭酸のバランスが良く,爽やかでありながら,存在感のあるシャンパンです。

2本目は,アメリカ・カリフォルニアの「ルリワインズ」という生産者の「ルリ セントラルコースト ソーヴィニオンブラン」です。

辛口の白ワインで,一口含むと「木の芽」の香りが口中に広がり,雑味がなく,さらりとしていながら,果実味と独特の香りの余韻 が絶妙です。

皆さまも機会がございましたら,是非お試しください。

 

 

__ 1__ 2

 

 

千葉県浦安市(新浦安/舞浜地区)の 「東京湾岸法律事務所」

弁護士秘書 永井美穂

http://tokyowangan-law.com/

 

 

 

 

 

 

 

» «